内臓脂肪を減らすにはラクトフェリンが有効

 

おなかがぽっこり出てしまう原因の1つ、内臓脂肪。

 

食事が不規則だったり、飲酒の席が多かったり、運動不足が続いたりすると、落としたいと思っていても、なかなか落とせないものです。

 

そんなときに便利で効果的なのがラクトフェリンを配合したサプリメント。

 

ラクトフェリンというのは乳由来のタンパク質で、毎日摂取することで内臓脂肪を減らす効果が認められています。

 

濃度が高く、効率的にラクトフェリンを摂取できるサプリメントで、ぽっこりお腹を解消していきましょう!

 

内臓脂肪を減らすサプリメントランキング

内容量:21粒(7日分)

1日分の摂取量:3粒

1日分のラクトフェリン含有量:300mg

1日分のカロリー:3.3kcal
価格 評価 備考
980円 評価5 送料無料
ライオン ラクトフェリンの総評
ライオンのナイスリムエッセンスラクトフェリンは、内臓脂肪を減らして健康的な体型を維持したい方におすすめのサプリメント。たった3粒で内臓脂肪に効果的なラクトフェリン量300mgを手軽に摂取できるので、生活が不規則な方や運動不足の方も無理なく続けられます。まずは980円で試せるお得なお試しパックで効果を実感してみてください!

内容量:90粒(10日分)

1日分の摂取量:9粒

1日分のラクトフェリン含有量:192mg

1日分のカロリー:不明
価格 評価 備考
2,700円 評価4.5 お買い上げ5,000円(税抜)以上で送料無料
カロナッシーの総評
ピモレ カロナッシーは毎日の食生活に取り入れるだけで、食べたモノのカロリーの燃焼をサポート。
無理な食事制限などでストレスを感じることなく、健康的にスタイルをキープしたい方・サイズダウンしたい方にピッタリのサプリメントです。
ラクトフェリンのほかにカテキン、乳酸菌を配合。カテキンは抗菌作用に優れ、乳酸菌には腸内環境のバランスを整える働きがあり、若々しくストレスに負けない体へ導いてくれます。

内容量:90粒(30日分)

1日分の摂取量:3粒

1日分のラクトフェリン含有量:300mg

1日分のカロリー:3.78 kcal
価格 評価 備考
9,000円 評価4 送料無料
濃純ラクトフェリン100の総評
濃縮ラクトフェリン100美肌MAXは、国内で唯一のヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチンの美容成分をたっぷり配合しました。
内臓脂肪を減少させる効果と、美肌・体全体にハリとうるおい与え健康を維持する効果を両立を実現。
1日31回粒で300mgのラクトフェリンと、ヒアルロン酸60mg、コラーゲン90mg、コンドロイチン60mgを摂ることが出来る高機能美容サプリメントです。
忙しく時間のない方でも安心して続けられます。

内容量:186粒(31日分)

1日分の摂取量:6粒

1日分のラクトフェリン含有量:不明

1日分のカロリー:4.14kcal
価格 評価 備考
980円 評価3.5 送料無料
しあわせ発酵酵素とケフィアの総評
3兆個の乳酸菌と酵母の共生発酵ケフィアが悪玉菌の増殖を抑え、おなかの中をキレイに。
さらに内臓脂肪を減らすラクトフェリンと、免疫力をサポートするビタミンD、85種類以上の植物等を発酵させた酵素エキスを配合しています。
腸内環境を整えることで代謝がアップし、太りにくい体を作ることが出来ます。便秘、肌荒れ、口臭などの改善にも効果があります。
厚生労働省推奨のGMPマークを取得しており、安全で高品質のサプリメントです。

内容量:120粒(15〜30日分)

1日分の摂取量:4〜8粒

1日分のラクトフェリン含有量:不明

1日分のカロリー:3.6〜7.2kcal
価格 評価 備考
12,900円 評価3 送料無料
Drフェリン・GTFの総評
独自の特許技術でラクトフェリンとクロムの2つの成分を合わせて配合。
ラクトフェリンと結合することでクロムの体内への吸収力をアップさせることに成功。
年齢とともに減少してしまうクロムは人間にとって必要なミネラルで、脂質や糖質の代謝をサポートする働きがあります。
食生活が不規則な方、コレステロールが気になる方、生活習慣病を予防したい方などにオススメです。
初回限定 全額返金保証で初めてでも安心してお試しできます。

 

内臓脂肪に効くラクトフェリンとは

ラクトフェリンって何?

ラクトフェリンというのは、ほ乳類の母乳に含まれているタンパク質。

 

ラクトフェリンには高い感染防御機能が備わっており、生後間もない乳児は感染症にかかりやすいため、母乳で赤ちゃんを守っていると考えられています。

 

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンを研究した結果、ラクトフェリンには以下の効果が認められることが分かっています。

 

  • 発がんの予防
  • ノロウイルスや病原性大腸菌の感染予防
  • ピロリ菌の減少
  • ビフィズス菌の増殖
  • 貧血改善
  • 大腸炎改善
  • 内臓脂肪の低減
  • BMI(肥満度の判定数値)の低減
  •  

    ラクトフェリンの1日摂取量は?

    今のところ、1日の摂取量に制限はありませんが、内臓脂肪を減らすためには一度にたくさん摂取するよりも、毎日継続的に摂取することが望ましいと言われています。

     

    ラクトフェリンを飲んではいけない方

    ラクトフェリンは牛乳のタンパク質でできているので、牛乳によるアレルギーをお持ちの方は控えてください。

     

    ラクトフェリン配合のサプリメントの選び方

    ラクトフェリンは胃酸に弱い成分のため、「腸に届く」と記載があるものを選ぶこと。

     

    内臓脂肪への効果をしっかり実感するためにも、安心できるメーカーでの購入をおすすめします。

     

     

    更新履歴